トップページ > 不妊症ケアについて > 妊活を頑張っている。これから妊活しようとしているあなたへ。

妊活を頑張っている。これから妊活しようとしているあなたへ。

妊活中のあなたにこんな悩みはありませんか?

  • 自分が不妊症なのか相談する相手が誰もいない。
  • すぐに妊娠すると思ったのに妊娠せず、病院に行こうと悩んでいる。
  • 生理不順や生理痛、子宮筋腫や子宮内膜症を抱えている。
  • 3年以上不妊治療を続けている。
  • 不妊治療でかかる莫大な治療費に頭を抱えている
  • クスリの副作用で月の半分は体調がわるい。
  • 経済的、年齢的にもいつまで治療を続けて良いのか悩んでいる。
  • 妊娠しても流産せず無事に出産できるのか不安がある。
  • 受精しても着床しづらい。
  • 夫が協力的でない

もしあなたに1つでも当てはまる事があれば、このまま読み進めて下さい。

不妊症の原因について

一般的に不妊の原因として挙げられるものとして、排卵障害、卵管因子(卵管の癒着や閉塞など)、子宮因子(子宮筋腫、子宮内膜症など)、男性因子などが挙げられます。
不育症と言われ、妊娠しても妊娠の状態を維持できない状態の方もいます。

その中でも現代はハッキリと原因が分からないことが多く、
途方に暮れながら過ごしている、そしていまいち納得いっていない不妊治療をしている。そんなご夫婦がたくさんいます。

なぜがんばっても報われないご夫婦が多いのでしょうか?

この記事は現在まで“頑張って妊活している!”あるいは“これから妊活をしていきたい!”という方に向けた記事であり、もしかしたらあなたにとってこれからの「妊活ライフ」にとてもヒントになることが書いてあるかもしれませんので是非最後までお読みください。

早速ですが。

受精して着床、赤ちゃんが大きくなるに従い、羊水が多くなり子宮が大きくなる。
そして約10ヶ月で出産するわけですが、女性にとっても赤ちゃんにとっても出産は“命懸け”です。

女性は、妊娠の準備をするために毎月排卵が起こります。脳は自分(母体)の身体を守ろうとします。
母体が健康でない場合、「命懸けの妊娠、出産に耐えられない!」
脳が判断すれば排卵は起こりにくくなります。自ら妊娠するという選択肢を無くしてしまう訳です。

例えば、女性アスリートは無排卵になりやすい傾向にあります。

体力がありそうで体は丈夫そうですが、日々の過酷な練習で心身共に疲労が蓄積して、
「こんな過酷な状況では自分の体が、そして赤ちゃんが妊娠出産に耐えられない。。」と脳が判断して排卵を止めてしまうことがあります。

また、母体になるはずの体の栄養状態が悪い場合、「赤ちゃんをお腹の中で育てることが出来ない」と脳が判断を下せば排卵は起きづらくなります。
食糧不足の地域、国ではそういった状況になりやすいことはあなたもご存知かと思います。過酷なダイエットにより排卵生理が止まってしまう人もいますよね。

本山整体サロンでできること

では日々の生活、仕事での強いストレス下ではどうでしょうか?
心身共に疲弊しきった状態は、妊娠しにくい状況であることは想像しやすいですよね。

ですので、本山整体サロンではまず
「母体の健康状態を上げること」を妊活をする上での第一目標に掲げます。

これは「身体」にも「心」にも必須条件です。

繰り返しますが、出産はお母さんも赤ちゃんも“命懸け”です。

身体が健康でないと排卵が起きにくくなるし、受精して着床しにくくなるし、

お腹の中で育て辛くなります。
出産時も辛いです。産後だって戻りが悪くなり体調が悪くなりやすいです。

これは自然妊娠でも体外受精でも一緒です。
もし妊娠できたとしても妊娠を維持する事を脳が拒絶する可能性が高くなります。妊娠出産、命懸けのイベントに耐えれないと判断すれば、母体は自身の身体を守ろうとします。赤ちゃんよりも自分の体を優先するのです。

妊活をしているがなかなか出来ない、不妊治療を長期間に渡って何度やっても子宝に恵まれない。
病院でその原因を探ってみても「原因不明」だとかイマイチ明確な答えが返ってこないことは多いです。
そして多くの人は赤ちゃんが出来て、妊娠してからはじめて健康状態に気を使うという人も少なくありません。

しかし、、妊娠してから母子共に健康な状態で出産を迎え、元気な赤ちゃんを出産し、幸せに育児生活を送る。その準備として妊活中、もしくは妊活前の段階から母体の健康状態を上げることはとても価値があることなのです。

当院で整体を受けて頂いているお客様のほとんどは、妊娠されてから、つわりもほぼ無く、快適なマタニティライフを過ごされ、何より母子共に健康で安産です。妊娠出産がスムーズにいっているので産後の骨盤の戻りや体型、体調も最短で回復してくれています。

病院での不妊治療のリスク

不妊治療とは、身体が出産を望んでいない状態のときに、薬物的か体外受精によってか、いわば身体の機能の外の効果で妊娠させるという方法です。そのため、人間の身体を健康にするという方向から外れた要素が含まれ、投薬の量や期間により健康状態を著しく低下させることに繋がることも多々あります。

病院では「なぜ排卵しないのか?なぜ妊娠できないのか?」という視点よりも、「どうやって排卵させるか」「どうやって妊娠させるか」という視点で不妊治療が施術されることが一般的です。するとどうしても排卵誘発剤や体外受精によって、とにかく「妊娠すればゴール」となってしまいがちです。

例えば、排卵誘発剤や体外受精では、副作用として多胎妊娠(双子)が最も注意すべきものです。原因としては、排卵誘発剤で複数の卵子が排卵されることがあること。体外受精では、複数の胚を移植されるケースがあること。薬の「副作用」というよりも排卵誘発剤にはそういった「作用」があることを忘れないでください。

双子の出産というのは、母体に負担をかけます。それも、本来は「妊娠するにはリスクが高い」と身体が判断しているところを、薬と体外受精によって無理やり妊娠した状態になりますので、そのリスクはより大きなものになります。 自然に双子を授かるケースと、別の要素で双子を授かるケースはまるで違うのです。

そしてリスクの中に流産や、前置胎盤(通常より下の位置で胎盤ができてしまうこと)により帝王切開が必要になるリスク、そして早産による分娩の確率も上がります。

そうしたリスクを考えると、体質を改善し自然に妊娠する方法が、母体にとっても子供にとっても良いのではないかと、私たちはお勧めしております。

ですが中には自然妊娠がどうしても望めない場合もあります。

その場合はホルモン治療を施しながら体の状態を上げることに努め、妊娠率を上げる。さらに妊娠することが出来たならば母子ともに健康な状態で出産できるできるだけ全てのことを私たちは提案し続けています。

“不妊治療後進国”日本における体外受精の成功率

現在日本は「不妊治療後進国」と揶揄されています。

医療が発展しているとみられている日本は、世界的に見ても不妊治療による妊娠率や出生率の低さが目立ちます。
2017年、2015年の日本で体外受精によって出生した赤ちゃんが年間5万人を超えたとニュースがあり話題になりました。

「日本の不妊治療も発達してきたんだな」「それだけ不妊症で悩まれているカップルが多いんだな」と率直に感じられた方も多いと思います。
ですが、私は体外受精の総件数に着目しました。5万人以上の体外受精での出生したその体外受精成功率です。

あなたは2015年度の体外受精の成功率、出生率はどれくらいだと思いますか?
この2015年のデータでは体外受精を行なった件数が42万4151件。そのうち出生に至ったのが5万1001人
12%の成功率になります。約10人に1人・・・

あなたはどう感じられましたか?これを高いと取られるか低いと取られるかはあなたの判断にお任せします。が、、私は「低い成功率だな」と愕然としました。
これが“不妊治療後進国”と揶揄される日本の不妊治療の実状です。

不妊で悩まれている方が最後の砦として、藁をも掴む気持ちで託される体外受精。正直、私はもっと成功率は高いと思っていました。
しかも一回数十万の高額治療。いくら補助が出るとは言え患者の負担は大きいです。

更に長期になればなるほどストレスやホルモン剤などの薬剤で女性の体は健康とはほど遠い状態まで落ちていきます。

勘違いしないで頂きたいのは、私は決して病院の不妊治療、体外受精批判をしたいわけではありません。

不妊症で悩まれている方はもちろん、医師の管理の元で治療を進めていくことが大切なのは知っています。医師の力無くしては妊娠に至らなかっただろうケースもたくさん経験しています。

ただ、とても“もったいない!”と思うのです。42万件の体外受精をする前に1人でも多くの方が子宝整体を受けられていたらどうなっていたんだろうか?
もし少しでも体外受精をする前に母体の健康状態が上がっていたら、、、

タラレバ論はするべきではないと重々承知ですが、きっと同じ結果にはなっていないはずだと断言できます。なので私はこの現状を知り残念でなりませんでした。妊娠する前から身体、心、母体の健康状態を上げて妊活に挑めば妊娠率は飛躍的に上がるだろうと私たちは確信しています!そして私たち本山整体サロンではそのお手伝いが最大限に提供できると自負しています!

本山整体サロンの子宝整体とは?

本山整体サロンの「子宝整体」を簡単に説明すると“母体を妊娠しやすい環境に整えることができる整体”のことです。
当たり前過ぎて拍子抜けしたかもしれませんが、でもこれが一番大事なことなのです。

そして残念ながら妊娠を望む女性に、この当たり前の「健康な状態」を持ち合わせていない方が多いことに驚きます。もはや健康な状態が当たり前ではなくなっている。

なのでまずは、この健康状態を上げる、整えることを本山整体サロンでは徹底的に行ないます。

健康状態を3つに分けます。そしてこの3つの

1. 構造のバランス(骨格、骨盤、筋肉、内臓など)
2. 生化学のバランス(神経、ホルモン、自律神経など)
3. 精神のバランス(ストレスや感情、トラウマなど)

を安心で優しい整体で整えさせていただきます。

病院の検査数値では出すことができない体の不安定なところ崩れているところを見つけ出し、頭蓋骨調整や内臓調整、エネルギー調整、精神・メンタル調整であなたの体のバランスを取っていきます。

すると、驚くほどあなたの体は変わり、より妊娠しやすい体に近づきます!

その方法とは?

①頭蓋骨矯正

②内臓矯正

③精神の整体

主にこの3つの整体を行っていきます。

①頭蓋骨矯正

頭蓋骨は23個の骨がパズルのように頭蓋骨はごくわずかに動くことにより、脳脊髄液を全身に循環させています。お母さんのお腹にいる胎児の時に生じる頭のズレや、様々なストレスによる頭のズレにより、頭蓋骨の動きが悪くなります。すると、脳脊髄液が循環されなくなり、脳の機能が低下していきます。頭蓋骨矯正をすることによって、脳脊髄液の循環をよくして脳の活動しやすくします。女性ホルモンは脳の視床下部、下垂体でコントロールされています。視床下部→下垂体→卵巣といった順番に指令を出して、卵巣から卵胞ホルモンと黄体ホルモン(女性ホルモン)を出します。頭蓋骨矯正することにより、この脳(視床下部と下垂体)からの指令を出しやすい環境にします。

②内臓矯正

日々の食生活などの生活習慣により内臓は負担がかかり下垂します。内臓下垂により子宮が上下から圧迫されたり、子宮自体が傾くことにより働きづらくなります。内臓矯正により、子宮や卵巣などの内臓を働きやすい位置に矯正してあげることで、脳からの指令をしっかり受け取ることができ、尚かつ女性ホルモンも出しやすい環境になります。女性ホルモンをコントロールしている司令塔の頭蓋骨矯正とその指令をキャッチして女性ホルモンを出す内臓矯正。この両方を整えることが女性ホルモンを整え、妊娠の確率を上げる近道になります!

③精神・メンタルの整体

中々妊娠に至らない人で忘れていけない問題として「精神の問題」があります。

その原因として『ストレス』や『トラウマ』、『感情』、『思考の偏り』などが挙げられます。この問題は「潜在意識」に潜んでいることが多く、本人は日頃気付くことがありません。私たちもこの事を知った時は驚きを隠せませんでした。

どういうことかというと中々子宝に恵まれない方に特殊な検査をしていくと・・・「妊娠したい!」と通院しているにも関わらず深層心理では「妊娠するのが怖い・・・」「妊娠したくない・・・」と思っている人が多いのです。

強いストレス、トラウマや強い感情の鬱滞など精神の問題は深ければ深いほど自律神経が乱れて内臓の働きも不安定になってしまいます。

わたしたちは内臓や骨格のゆがみである構造の問題と、感情やトラウマなど「精神の問題」、体をトータルで良くしていくことが母子ともに健康で妊娠出産ができることにつながる最も大切なことだとお伝えしています。

この『ストレス』『トラウマ』『感情』の引き起こす問題を“精神の整体テクニック”で改善していきます。

そしてこのテクニックを施すことで体調、ホルモンバランスが劇的に改善したり、今まで何年も子宝に授かれなかった方が短期間で妊娠できたり、驚くほどの効果をもたらすことが多々あります。

 

 

不育症や着床しづらい方

妊娠しても妊娠の状態を維持できない(流産3回以上から習慣性流産、死産)、着床しない、子宮内膜が薄い(子宮内膜の維持ができないなど)、卵割がうまく行われない。などが原因として言われています。子宮内膜は、ホルモンバランスが整えば厚くなります。クラニアルにて脳の状態を良くすることにより受精卵が育ちやすい環境を整えることが期待できます。

そして何度も不妊治療を試みるが子宝に恵まれなかったり、流れてしまったりする事を経験することは自身の心を傷ついてしまい「もう一度頑張ろう」という気持ちも湧いてこないことも。傷つき自信をなくしている方でも「精神の整体テクニック」により、心が癒され、再び自信を取り戻すことができます。

原因不明や流れやすい方について

”卵の質”に問題がある場合が多いです。卵の質は脳の状態、ホルモンの状態、卵への栄養の問題などに左右されます。頭や内臓の「ゆがみ」を取り、最適な栄養を摂取することにより、良質な卵が育ちやすい環境が整うことが期待できます。

不妊治療で体外受精をして着床させても流れてしまうのは上記の様な要因があるからです。不健康な母体に高額なお金をかけて、ホルモン治療や体外受精をした。結果、不受胎。みたいなケースをよく耳にします。

「本山整体サロン」の不妊整体では、まず妊娠しやすい身体づくりから行っていきます。上記にもあるように心身ともに健康な身体でないと安定した排卵が起きにくくなります。

不妊の傾向がある女性には“腰痛持ち”の方が多いのも特徴的です。それは、ホルモンバランスの乱れから子宮・卵巣に問題があるため、子宮・卵巣由来の腰痛が出やすいからです。子宮内膜症や卵巣嚢腫などの疾患がある方も少なくありません。子宮・卵巣の問題を内臓矯正で改善していきます。

子宮・卵巣の問題が無くなれば腰痛は治りますのでそれだけでも身体は元気になっていきます。子宮・卵巣だけでなく腸や腎臓も調節していきます。便秘が解消したり、むくみや冷え症も良くなります。頭蓋骨の調整で、頭のゆがみを調整していき脳の働きを良くします。脳の働きを良くすることで、女性ホルモン、副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモンの分泌が改善してきます。ホルモン分泌が良くなることで排卵が安定します。卵巣、子宮も働きが良くなり着床、妊娠の維持ができる環境が整います。

妊娠しやすい生活習慣、栄養面でもアドバイスさせていただきます。

不妊は、身体が「まだ妊娠に適した状態じゃない」と判断している状態です。整体によって身体の機能を調整した上で、生活習慣、栄養面にも気にかけることで、不妊に対する効果はより高いものになります。かといって、食事制限や生活習慣の矯正が強いストレスになるなら、ホルモンバランスに悪影響を与えたままです。大切なのは、心身ともに健康的であること。健康的な食事と同じくらい、楽しい食事も大切です。

香りの強いジャスミンティーやミントティー、柑橘類の皮などリラックスできる香りをお風呂に浮かべるのも、イライラするといったストレスの解消に効果的です。

不妊に悩む患者様は、周囲からのプレッシャーや自分で自分を追い詰めたりといった強い不安感とストレスを感じていらっしゃる傾向があります。生活習慣、食生活の改善と同時に、そうした不安にどうやって向き合っていくか、そういった面も生活習慣改善の一部です。当院では、身体の歪みと共に、不妊に悩む女性をとりまく食生活や日々の暮らし、そしてストレスによる歪みの矯正にもお力にならせて頂きます。

健康と妊娠は同じ方向にあるものだという考え方が、私たちの方針です。

心身ともに健康になり、自然な形で妊娠し、元気なお子さんを出産する。不妊治療で体外受精するような、身体と心という要素を考えない不妊治療ではなく、大事な命が育つための身体と心を作ることから考える治療を私たちは行います。不安を感じている方は是非ご相談ください。

『出来ることなら不妊治療などは行わず健康な体になって自然に妊娠したい』と、思われている方、一度ご相談ください。

お問い合わせはこちら
地図