トップページ > 症状別記事 > 産後骨盤矯正

産後骨盤矯正

産後はホルモンバランスが激しく変化して、肩こり、腰痛、偏頭痛、腱鞘炎、乳腺炎、恥骨・骨盤の痛み、便秘などの症状が出やすくなります。多くはホルモン分泌をつかさどる脳、自律神経の問題です。同時に産後の骨盤はグラグラになり、とても不安定です。自律神経が乱れていると脳脊髄液の流れが悪くなりグラグラな骨盤はなかなか戻りません。

それに加え妊娠、出産で疲れきっている内臓が下垂してきて骨盤に重くのしかかってきます。頭蓋骨矯正にて自律神経、ホルモンバランスを整えて脳脊髄液の循環を促し、内臓の調整にて内臓の位置異常や疲労を取っていく事で驚くほど産後の骨盤は戻っていき、産後のつらい症状が無くなっていきます。

産後の不調は回避できます

産後に体調を崩してしまうという方はかなりいらっしゃいます。出産という大きな仕事を果たしたために生じる必然的なものと考える人もおられ、仕方がないとじっと耐えているという方もおられます。病院でも、とにかく休むようにと指示がでる程度の場合も多く、このページをご覧になって頂いているあなたも、そういうものだと諦めて耐えてはいませんか?

骨盤は、人間の上半身を支え、下半身からくる衝撃を受け止める、言わば人体の土台です。重いものを持った時にかかる力、階段を登り降りするときにかかる力、どちらも骨盤が支えています。

そうした重要な骨となる骨盤ですが、この骨盤が歪むと、骨盤に接続されている骨、つまりは下半身も上半身もすべて、影響を受けます。歪みが太ももから膝へと伝わり左右の脚の長さが変わったり、歪みが背骨から肩へと伝わり肩コリに、骨盤がささえる内蔵が歪んで本来の位置からズレれば便秘など内臓機能の障害に、そして背骨や特に頚椎といった重要な神経を守る部分が歪めば、自律神経が圧迫され、不安感や睡眠障害、イライラといった精神的な症状も引き起こします。

こうした症状に思い当たる方は、骨盤が歪んでいるのかもしれません。女性の骨盤は、出産という大切な仕事を全うするために男性のものより柔軟にできています。そのためどうしても歪みやすく、産後は骨盤が変形してしまうことが多いのです。

ゆっくり休むことで、少しずつ骨盤は元の状態に戻ることもありますが、その間不調や、イライラ、その上、子育てもあります。そうした不調に赤ちゃんの夜泣きなどが重なると、眠りが浅くなり姿勢が悪くなる傾向がございます。寝てる間や無意識のうちに歯を噛みしめる癖がでることもあり、それによって生じる頭蓋骨の歪みによっても、さまざまな患者様を悩ます症状があらわれます。

当院にご来院いただければ、産後の骨盤、頭蓋骨の歪みを矯正し、患者様の不調を一日でも早く、また産後ゆっくり休むこともできないほどご多忙な患者様にも、限りある時間で体調を元に戻すにはどうしたら良いか、最適な施術プランをご提案させていただきます。

お問い合わせはこちら
地図